結局は高いコスメよりも若い時の徹底した日焼け対策!

sun

30代になり、明らかに20代の時とは違う肌の衰えを感じています。

一番感じているのは毛穴の開きで、遠くからでもわかるのが悩みです。
若い時のようなもちもち、ぷりぷり感はなくなってきましたし、
きめ細かいきれいさがないので、見た感じおばさんだなぁと我ながら感じます。
結婚をして子供を産んで、肌のケアをする時間やお金がかけられなくなりました。

20代のころは大変高い化粧品や、化粧水、美顔器を使ってケアをしていましたが、
高いサプリメントを購入して飲んだりもしていました。
今はドラッグストアに売っている500円程度の安いクリームを使っています。
また簡単にケアできるオールインワン化粧品を使っています。
今は母親にもらったラフィネパーフェクトワンを使用していますが、時短になるのでオールインワン化粧品を利用しようと思います。

でも、今になって思うのは、どんな高級な化粧品よりも日焼け防止が一番大事だと思います。
今は日焼け対策に力を入れています。

ドクターシーラボのホワイトニングマスクで週1パックが良い!

ドクターシーラボの美白シリーズを使って美白ケアをしています。
オールインワンゲルなのでスキンケアもワンステップで完了をするという手軽さもいいと思います。

朝は軽く塗りこみ、夜はたっぷりめに使っています。
毎晩お肌をコラーゲンゲルでパックするような感じです。
それでもベタベタする感じはないので、不快に感じることもありません。

dr

1週間に1回はシートマスクを使って集中ケアをするように心がけえています。
ただマスクをしただけでは効果もあまり感じることができないかもしれない、と思って、入浴中に浴槽の中にパックを袋ごとつけてホットマスクにしています。

ホットマスクにすることによって、よりお肌の奥深くに美白成分が浸透をしていくような気がします。

1週間に何度も使うともったいないですし、なにより効果もあまり発揮することが出来ないということも聞いたので、1回だけにしています。
紫外線対策をすることも大事ですが、毎日のケアも大事だと思います。

夏は意外と乾燥しがち。保湿から始める美白ケア。

乾燥というと冬のイメージがありますが、実は夏も意外に乾燥しています。
エアコンによる乾燥もあれば、紫外線を浴びることでもお肌は乾燥します。
日焼け止めや日傘、帽子などで紫外線を防ぐこともとっても重要ですが、それと同時に美白化粧品を使って乾燥によるシミソバカスの予防も重要です。

私の場合は毎日たっぷりの美白化粧水でコットンパックがかかせません。
コットンパックをすることにより、お肌に水分を与え乾燥防止にもなりますが、日差しを浴びて火照ったお肌のクールダウンにもなります。
それからたっぷりの乳液やクリームでお肌に蓋をします。

ちなみに私が使っている美白化粧品は無印良品の敏感肌用薬用美白化粧水です。
こちらは乳液、クリームとラインナップが揃っているうえに、お値段も安いので毎日のコットンパックにたっぷりと使うことができます。

muji

さらには毎日の日焼け止めクリーム。
あえてSPFが低い物を選び、こまめに塗り直すことで日焼けを防いでいます。

一つ一つはありきたりな作業ですが、その一つ一つを丁寧にすることが一番の日常の美白ケアになると思います。

私が行きついた乾燥対策~ニベアクリームの贅沢使い~

30代になってからというもの、乾燥肌に悩まされています。
こんなに肌がパサパサしていたかと思うほど、季節関係なく足の先から頭皮まで乾燥しており自分でも驚いています。

20代で独身だったころは季節やその時々の肌の状態に合わせて高い基礎化粧品を買って使用していましたが30代になり結婚して子供を産んでからというもの、高い基礎化粧品を購入することもできなくなりました。

そんな中で乾燥肌という肌質の変化。
私が行きついたケアの道具は高価でない化粧水や乳液・クリームをバシャバシャ惜しみなく使うこと。
様々なプチプラ品を試しましたがここ数年は無印良品の化粧水・乳液・就寝前は仕上げにニベアクリームをつける事で落ち着いています。
私の乾燥肌にはこの三点が合うようです。

特にニベアクリームは足のつま先から頭まで全身に使用できるため大変重宝しています。
どんなに冷暖房がガンガンかかった部屋に長くいて肌の乾燥が気になっても、どんなに日焼けして肌が痛んでも、次の朝には肌がプルプルになっているニベアクリーム、チューブタイプで188円のプチプラはもう絶対に手放せません。

30代からシミ・ソバカスが増えて、頬の毛穴が目立つようになりました

biyou_shimi

若い頃にはなかったのに、顔にはシミ・ソバカスがいつの間にか増えてきました。

毎朝メイクをする際に鏡で自分の顔を見ると、
「あれ、こんなところにシミ・ソバカスってあったっけ?」ということが多々あります。
できている箇所は、主に頬や目の下あたりが多いです。やはり紫外線が当たりやすい場所なのでしょうか。

できてしまったシミ・ソバカスは、下地とファンデーションで隠すことができるのですが、すっぴんになったときに、シミ・そばかすに目がいってしまい、どうしても顔がくすんで見えてしまい悩みの種となっています。

30代から美白化粧水を使用し続けていますが、できてしまったシミ・ソバカスに効果があるのかないのかは分かりません。
この美白化粧水の使用を続けていることで、新たなシミ・ソバカスが皮膚内外で製造されていないことを祈ります。

また、シミ・ソバカスだけではなく、頬の毛穴が目立つようになってきました。
昔はこんなに涙型の毛穴はなかったのですが、いつの間にかファンデーションでも隠れない毛穴になっています。
ベースメークで頬の毛穴に下地クリームまたコンシーラーなどをポンポンと丁寧に入れ込むことで隠れるのですが、毎朝そんなに丁寧にメイクをする余裕はないので、ほぼほぼ目立っています。

年齢によってコラーゲンが低下し、皮膚が下がることによって毛穴も広がってしまうので仕方ないのですが、なんとかクレンジングと保湿を毎晩きちんと行って頬の毛穴がこれ以上ひどくならないように現状維持を守っていきたいと思っています。