30代からシミ・ソバカスが増えて、頬の毛穴が目立つようになりました

biyou_shimi

若い頃にはなかったのに、顔にはシミ・ソバカスがいつの間にか増えてきました。

毎朝メイクをする際に鏡で自分の顔を見ると、
「あれ、こんなところにシミ・ソバカスってあったっけ?」ということが多々あります。
できている箇所は、主に頬や目の下あたりが多いです。やはり紫外線が当たりやすい場所なのでしょうか。

できてしまったシミ・ソバカスは、下地とファンデーションで隠すことができるのですが、すっぴんになったときに、シミ・そばかすに目がいってしまい、どうしても顔がくすんで見えてしまい悩みの種となっています。

30代から美白化粧水を使用し続けていますが、できてしまったシミ・ソバカスに効果があるのかないのかは分かりません。
この美白化粧水の使用を続けていることで、新たなシミ・ソバカスが皮膚内外で製造されていないことを祈ります。

また、シミ・ソバカスだけではなく、頬の毛穴が目立つようになってきました。
昔はこんなに涙型の毛穴はなかったのですが、いつの間にかファンデーションでも隠れない毛穴になっています。
ベースメークで頬の毛穴に下地クリームまたコンシーラーなどをポンポンと丁寧に入れ込むことで隠れるのですが、毎朝そんなに丁寧にメイクをする余裕はないので、ほぼほぼ目立っています。

年齢によってコラーゲンが低下し、皮膚が下がることによって毛穴も広がってしまうので仕方ないのですが、なんとかクレンジングと保湿を毎晩きちんと行って頬の毛穴がこれ以上ひどくならないように現状維持を守っていきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です